申し込み情報に変化が無い場合は再度申し込みも審査通過は厳しい!

銀行や消費者金融のキャシング契約では、申し込み時の審査に通過する必要があります。ですが、審査落ちすることは少なくはなく、契約出来ない場合は6ヶ月以上の期間を空ける必要があります。これは、個人信用情報の申し込み履歴がブラック情報となることが要因です。しかしながら、この期間を経過しても審査落ちの可能性はあります。

特に申し込み時の情報や状況に変化が無い場合は信用度がアップしないため、結果として再び審査落ちとなってしまいます。タイミングとして年収が確定する、すなわち源泉徴収票を受け取った際に前年度の年収よりもアップしていれば、状況は変化します。ですが、源泉徴収票を受け取って直ぐに申し込み時し、審査落ちした場合、同年の間に年収が上がるという譲許の変化が期待出来ません。

さらに、スコアリング判定自体も劇的に変化をするものではなく、審査落ちを防ぐためには個人信用情報に大きな変化が必要です。そのため、一度審査が通過出来なかった場合は、状況の変化が重要になってしまいます。